スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.08.22 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

東北ボランティアご報告会

・・・ちら
・・・ちらちら

えへへ。
ご無沙汰しております。
ああっ石投げないでください!

ほんと放置して申し訳ない。。。
週に2度は更新するとか、確か言ってましたっけね?私?

自分で書いたことを忘れるくらい、
ほったらかしてましたよね、うふふ(←だまれ)

さて〜ながらく書いてない間に、
色々ありまして、教会のキャンプ行ったり〜デザフェス行ったり〜
なんか書いたり作ったり〜したのですが、
11月2日夜から5日朝のスケジュールで、
東北のボランティアへ行ってきましたので、
今日はそのことを書こうと思います。
宮城県の亘理町というとこへ行って来たのですよ。

ま、私が感じたことを書いた日記みたいなものなので、
軽く読んで下さいな☆


11月2日というか、3日 夜の2時に経堂集会前に集合。
寝てから集まるということでしたが、荷造りギリギリの私。
ほとんど寝ずに来たので、なんかもう夢心地での集合でした。
そしてドライバーさんに悪い悪いと思いつつも、車中爆睡!
左右に大揺れして、首が痛かった・・・(←だまれ)




そんなわけで、気づいたら東北でした・・・
ドライバードン引きの爆睡っぷりだったのにまだ寝不足。
ふらふらしながら、集合までまだ時間があったので、
ちょっと離れたコンビニへ、ご飯を買いに行きました。
東北来たんだな。空気が冷たくて、気温がいつもと違う非日常。
でも、普通の風景で、普通に日本で、みんなが普通に日常を生きている。
東北、東北、東北が大変!と、ニュースや話で聞いていたから、
普通なのが、当たり前なのに、なんだか不思議でした。




今回のボランティアは、私の行っている教会の繋がりで、
誘いかけがありました。あちこちの地域の教会から、メンバーが
集まったのですが、その中に私の癒し、マイブラザーもいたりして。
がしかし、いくつかの地域に分かれて派遣され、私は二日とも弟とは違う地域に。
あぁ〜私のお楽しみが・・・orz(←何しに来たんだ)




亘理町へ派遣された我々東京メンバー。(一部別の場所へ)
そこでは、震災後に元民家を買い取って、現地へ住み出した
牧師さんが、ボランティアの指揮をとってくださいました。
聖書の創世記、生めよ増えよを地でいっているような、
子供がたくさんいる素敵な牧師さんです。
口で言うのは簡単。でも彼は行動にうつした人でした。




手袋、カッパ、毛糸の帽子、ゴーグル、変な形のマスク。
作業スタイルは100%不審者。




私がお手伝いしたのは、Kさんのお家の壁ぶっ壊し作業でした。
普通は床をはぐ前に壁を壊すのですが、壁は見た目がきれいだったため、
大丈夫だと思い、大工さんに床をはいでもらった後、実は壁の後ろに
ゴミがたまっていることが分かり、壁も壊さなければならなくなったKさん宅。
ゆえに足下が非常に危うし。「バランスをとる」という行為を久々に
しました。
そのまま作業はあぶないので、薄い木の板を運び込んで足場を作り、
作業スタート!




壁壊す→ゴミ運び出す→釘ぬく&床はく
エンドレス。
ちょっと楽しかったり。




作業の合間に被災地の見学へも行きました。
震災から8ヶ月近く。
巨大なゴミの山がいくつもありました。
壊れたたくさんの船。
ぽつぽつと残った家も、一階は使えない状態です。
亘理町は、津波の第一波が高速道路ではねかえり、
さらに川の叛乱と津波の第二波が合わさって、渦を巻いてしまった、
被害の大きい地域でした。




ゴミの山の中、ぽつぽつと見えるぬいぐるみが痛々しかったです。
この持ち主の子供は、ちゃんと逃げることが出来たかしら。




そして一向は、ここ一体で一番の漁獲量を誇る漁師さんのところへ。
一面網だらけでしたが、この網は津波ですべて流されたのを、拾ってきて、
ゴミをとり、繕っている最中なのだそう。以前ボランティアでその作業を
手伝ったらしく、今年のサケの漁に、ギリギリ間に合ったのだと喜んでいまいした。
「新しく買うのではだめなのか?」という質問に、この網、うん千万するのだ、との
お答え。・・・繕います。




ここの漁師さん達も、津波が来るギリギリまで海の近くにいて、
あわや九死に一生を得た人達でした。津波が来るのが見えてから、
車を150キロで飛ばして逃げた、という漁師さん。ギリギリだったから、
逆に渋滞に巻き込まれずに逃げれたのだそうです。

高い建物に避難した漁師さんは、目の前で人が流されていくのを助けようとして、
でも家族にとめられたのだ、と。あなたも巻き込まれてしまうからと。
「その時助けに行っていたら、自分も死んでいた。けれど、その声を、光景を、
今でも思い出す。」

そう言った、漁師さんの表情を、忘れることができません。




そんなこんなで終わった第一日。
ハッスルしすぎたのか、100均で買ったのがまずかったのか。
ほこり予防に来ていたカッパがボロボロに。あろうことか、女子として
一番まずい箇所までやぶれる始末。
明日どうしましょう!?
と思ったのですが、その日帰らなければいけなかった心優しいCちゃんが、
着ていたカッパをくれました。100均じゃないのを!!!ありがとう!!!!




作業2日目。Kさんとも打ち解けてきて、色々な話をしました。
Kさんはお隣のお年寄りを助けようとして、逃げ遅れて流されてしまった
のだそう。3日間行方不明だったのだ、と言っていました。
今、こうして話せているのが、奇跡みたいに思えました。
と、感動していたはずが、話はなぜかこの地域名物、はらこめしの話に。
とたんに輝きだす、食べるの大好きMちゃん。
そして、話はKさんがこの地域でおいしいはらこめしを、
おごってくれるという流れに。
ちょっ・・・!私達ボランティアできてるのに、そんなご迷惑かけるわけには・・・!




しきりに遠慮する私達。そしてしきりに遠慮するMちゃん。
しかし彼の目は、はっきりと語っていました。
はらこめし!うれしい!食べたい!すごく食べたい!はらこめし!!
目は口ほどに物を言う。
きっとこの諺を作った人のそばには、彼のような人がいたのでしょう。




かくして、私達、Kさんにはらこめしをおごっていただきました。
これだけは、言わせてください。
めちゃくちゃおいしかった・・・!!!!!

この地域復興のため、私達に何ができるだろうか?
この・・・はらこめしを・・・守らなくては・・・!!!

これを食べた瞬間、みんなの心は一つになったのではないでしょうか。

そして、MちゃんはKさんからはらこめしのレシピとサケを送ってもらうため、
名刺交換をしたのでした。
もはや何も言うまい。どうせ食べるのですから、私達も同罪ですよ。




そんなはらこめしに夢中になっていた時、家の前をKさんの
お友達が通りかかり立ち話。
結婚して、去年子供が生まれたこの方の娘さんの旦那さんは、
地震があってすぐ、会社から家に戻る途中で津波にまきこまれてしまったのだそうです。
遺体が見つかったのは二ヶ月後。
娘さんとその子供を車で迎えに行き、逃げることはできたけれど、
家を流されてしまったこの方は、毎日家があった場所を見にいっているのだと
言っていました。
「何もないって、わかってるんだけどね。」




こうして、終わった二日目。
本当によくしてくださったKさんと、おなごりおしくお別れ。
空を見上げると、十字架の形をした、飛行機雲がうかんでいました。




無事に怪我なくボランティアを終えた我々には、一つやり残したことが。
そう、宮城名物牛タンを食べる事・・・(←まだ食べるんかい!)
これまた、食べるの大好きMちゃんが、根性でたまたま見つけた牛タン屋さんに。
大人数で行ったため、軽く追い出す形になってしまった先客さん。
申し訳ながるも、快く許してくださり、ここは一番おいしい牛タン屋さんだと
お墨付きをいただきました。
この方達も、家を流されたり、水にあごまでつかったのだそう。




今回、ボランティアでたくさんの人に会いました。
被災地の方はもちろんのこと、ボランティアで現地に住み込んでいる人、
もう数ヶ月も、その地域に留まっている人。
彼らに比べて、なんて小さいことしかできないのだろう。
一瞬だけ行って、帰って来なければいけない。点のような働きしかできません。
でもその点が、ずっと続けば線になる。
復興まではまだまだ遠く、被災地の人には線の助けが必要です。
でも、少しずつ、少しずつ、何かしらの手伝いが出来たらいい。
それが繋がれば、線になるから。

で、ですね・・・。
なんと、Kさんったら、とっても律儀に約束を守ってくださって・・・
こちら、Kさんから送っていただいたサケで作ったはらこめしです・・・
すごく、おいしそうでしょ・・・?

 

こちらが助けられてどうする・・・orz
Kさん、ほんと、ありがとうございます!!!泣

うん、まぁでも、こんな感じでいいんだと思います。笑
以上、東北ボランティアレポートでした〜

スポンサーサイト

  • 2016.08.22 Monday
  • -
  • 02:58
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
お疲れ様でした!!

ゆうかのペン画ちょう好き。

はらこめし、ちょう美味そう。
  • tommy
  • 2011/11/23 4:07 PM
どうもはらっちです。
あわず先生のとこにもちょっとお邪魔しましたが、はなっちでいきますよ。
よろしく盲腸。
貴重な体験をしたようですね。
なかなか出来ることではないので、すばらしいと思いますよ。
実際は大変だったでしょーう。
お疲れ様ですね。
  • はなっち
  • 2011/11/25 8:52 PM
う〜ん、ありありと思い出してしまうMでございます。
はらこめしはうまかった。
亘理町の復興に妙に関心が高まったボランティアでした。^^
  • M
  • 2011/12/07 11:05 PM
ちょっと重要な情報がもれているのでは?

最後の写真のはらこ飯は誰がつくったの?
  • ugougo
  • 2011/12/14 9:45 AM
ああっ!!!コメントタイピングしてたのになくなっちゃった!!!!トホホ。。久々なのに。。言いたいこといっぱいあったのに。。涙。

お元気そうでなによりです^^
私のこと忘れちゃないでしょうね 笑
私、四ヶ月になりました。仕事はじめてから^^
ものすごい早い時間!
どっかでゆうか(ねえ)ちゃんにばったり会えたらいいな〜
って思ってます。だって顔忘れるんじゃないかなと思うほど長い時間会ってませんから。。
まあ、時が来ると必ずどっかで会うようになるでしょう。同じ空の下でいる限り。。!!!そして神様の志であったらなおさらそうなりうるでしょう!
じゃあ、ペコペコですのでここで失礼します〜
また来ま〜す。
  • イ・ウンミン
  • 2011/12/22 11:51 AM
tommy→ありがとトミーさん。私もトミーのメルヘンなのに設定がおやじだったりする絵が超好きです。はらこめしは驚愕のおいしさでした。
はなっち→そうなの実はね・・・ってことはなく、実際もそれほど大変だったわけでは・・・笑 
返信遅くなってごめん!二人ともまた遊びにきてくださいな〜☆
  • ゆうか
  • 2012/03/16 10:50 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

 

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 成長期
    はなっち (07/06)
  • 成長期
    みずほ (07/03)
  • デザインについて本気出して考えてみた 創作とデザインの違い 神様は世界最高のデザイナーだというお話
    ウンミン (06/21)
  • デザインについて本気出して考えてみた 創作とデザインの違い 神様は世界最高のデザイナーだというお話
    ワイス (04/07)
  • それはまるで昨日のことのよう
    ウンミン (04/07)
  • それはまるで昨日のことのよう
    エーデル (04/06)
  • 気づくと手が君を探していて君に依存してた自分に気づく
    ゆうか (04/06)
  • 主役は忘れられた頃にやってくる、って聞いたことがあるようなないような。
    ゆうか (04/06)
  • 気づくと手が君を探していて君に依存してた自分に気づく
    ウンミン (04/04)
  • 気づくと手が君を探していて君に依存してた自分に気づく
    みずほ (03/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM